Classic Car & Restoration

ロータスエリーゼ111R レカロシート取付

2020.03.08 日

 

 

エリーゼ111R にレカロシートを取り付けます。
今回オーナー様が選ばれたシートはRS-G CL(レザー×パンチングアルカンターラ)です。
室内が狭いためかなり削らないと取り付け出来ません。 新品を削るのは緊張します。

 

とりあえず車両に載せてみました。 何とか載るけどスライドが一切できません…
身長が160cm~170cmの人だとペダルに足が届かないかも。

 

ルーフも閉まるのか!?

 

レール単体もギリギリ入るレベルでスライドどころではないです。
ボディー側を削る訳にはいかないのでレールを少しずつ加工し取付の調整が必要です。

 

レールの調整は少し削っては車両に載せて確認の繰り返し。
削る量は最小限で済ませたいので少しずつ。地道な作業です。

 

シートも削って調整します。こちらも削っては載せて確認の繰り返しです。
何度積み下ろしした事か…涙 最終的には削るというよりはもう切り取る感じです!

 

何とか形になってきました!高さもOK!

 

そして最終的に出来上がったのがこちら。
見た目は新品と変わらない感じですが先端をかなり切り取って幅を狭くしてあります。

 

苦労した甲斐あって完璧なクリアランス!
これで最先端までスライド出来ます。160cm前後の方でも十分に足が届きます。
エリーゼの場合は後ろまでスライド出来るかどうかも重要です。
シートが下げられないと乗り降りが大変なのです。

 

RS-Gはレカロシートのフルバケの中では比較的コンパクトなシートですが
それでも元々取り付けてあったエスケレートのシートと並べると これだけ大きさに差があります。そりゃ苦労しますね…

 

シートとレールを付け替えるだけの単純な作業ですが思っていたより大変でした。
苦労はしましたがやり甲斐のある作業で納車後にオーナー様から『シートかなり良いです!』とのメールを頂いて 疲れは吹き飛びました!ありがとうございました。